眼科で働く看護師の仕事内容には様々なものがあります。

まずは、目の検査の実施です。

視力検査や眼圧測定、視野検査、超音波眼球検査、眼底検査など様々な検査が行われていますが、これらの検査を行うことになります。

検査結果を記録したり、患者さんに検査方法を説明したりもします。

わからないところがあったら丁寧に教えてあげる必要があるのでコミュニケーション能力も必要になってきます。

初めて検査を受ける方は、心配なことだらけだと思うので、そういった方を安心させてあげることも仕事の一つになります。

眼科で働く看護師の視力矯正治療

次に視力矯正治療も行います。

視力検査などを終えた後には、その方の視力に合わせた眼鏡やコンタクトレンズを作ることになります。

また、診察後の患者の目をケアしていくことも仕事の一つです。

他にも医師の方が行う検査や診察、治療の補助も看護師の仕事内容に含まれています。

眼科には目の検査、治療を行うための専門的な機械が非常に多いため、これらの機械の使い方をきちんと覚えておく必要があります。

患者の方に質問をされた際にはすぐに答えることができるようになっておかなければなりません。

特に、眼科を訪れる患者のほとんどは目が見えにくいことで悩んでいるため、見えている前提の話し方はなるべく避けて、患者の立場に立った話し方をすることが大切です。

眼科の患者さんは幅広い

幼い子供から親子連れの方、お年寄りまで様々な年代の方と話をすることになるので、相手に合わせた話し方をする必要もあります。

クリニックではほとんどありませんが、眼科病棟などでの勤務になると、手術のサポートを行うこともあります。

手術は日にもよりますが、1日に数件入ることもあります。

手術の内容は様々ですが、網膜剥離や白内障の手術が一般的です。

手術時の医師の補助や手術に使う器具の洗浄などを行っていきます。

また、手術の前に本人や家族への説明を行うのも看護師の仕事です。

小さいお子さんが相手の場合は極力怖がらせないような話し方をすることが大切です。

手術が終わった後のケアをすることもあります。

特に手術後は一時的に視力が不安定になることがあるため、そういった方への薬の処方や日常生活のケアなども仕事内容に含まれます。

クリニックでは目の洗浄や点眼などを行う場合もあります。また、簡単な受付業務を任されることもあります。

しっかりと検査機器の使い方や手術の流れを覚えて、患者の不安を少しでも解消してあげることが大切です。