整形外科というのは外科の診療科目になりますが、この外科という科目はメスを使って手術を行う診療科目とされ、薬物療法で治療を行うのは内科の科目となります。

整形外科は筋肉や骨格や、関節、神経、脊髄など運動を行うときに関わる器官の外傷や疾病を治療する科目にあたります。

整形外科では骨折や打撲などの外傷的疾患、関節や脊髄、脊椎の疾患、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症などの治療と完治、またこれらの外傷や疾病によるリハビリにより運動機能の回復をはかることも重要な役割となっています。

ここで働く看護師の仕事内容というと、患者の手術前と手術後の看護やリハビリの介助などがあります。

これらの業務は病棟勤務の看護師が行います。

整形外科はクリニックや外来での勤務

クリニックや外来での勤務となる看護師の仕事内容は医師の診察介助や患者の経過観察、レントゲン、採血、点滴などの医療処置も行い、患者によってはギプスや包帯の交換も行います。

総体的には身体の不自由な患者の精神面でのケアも大切な業務となります。

手術が行われる場合、手術の内容は担当医や執刀医から患者または家族に説明されます。

看護師は手術に対する患者の理解を求め不安がないかの確認や、手術後にどんなことが行われるかを説明する役目がり患者の指導も行います。

整形外科では身体全体のあらゆる部位が対象となり、患者は乳幼児から高齢者まで幅広く取り扱います。

子供の場合は遊んでいるうちに怪我をする危険性があり、高齢者の場合は骨を含め体全体がもろくなっているので疾患にかかりやすいことから、どんな年代の人が患者としてやってくるか分かりません。

整形外科は幅広い年代の患者

一般的な成人でも事故に合うと骨折をするので、幅広い年代の患者に向けて、不安を取り除き治療に専念できるよう心身のケアを行っていくことが重要な役割です。

手術前の患者はどんな怪我や疾患であれ必ず不安を持っているので、患者に十分な情報を与え、これから行われる手術によってどのような変化がもたらされるのかを説明して、手術を控えた患者の精神を安定させることも重要です。

また手術後にはまめなリハビリが必要になり、専門の療法士が行うことになりますが、看護師はそのサポートや患者に対しての知識の伝達を行います。

治療中は患者の身体の不自由さをカバーしながら対処を行う仕事も大切で、怪我を負って上手く動くことが出来ない患者の生活をサポートすることは大切な業務にあたります。

医師の治療の補助も大切ですが患者と向き合うことも重要な仕事になります。